Spain移住を目指すブログ

5年後にスペインに移住をしたくてヨーロッパを旅しています。旅で出会った素晴らしい景色、食べ物、ホテル、関連する映画などを紹介していきます。

ミーハー感はあるけれど盛りだくさんで楽しいホテル「マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテル」

 

f:id:fumisaya41:20190818191538j:plain
初めてのバスク旅行の記念すべき初ホテルはスタイリッシュな5つ星のホテル、マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテル(Maruques de rascal hotel)。最近、バスク特集の雑誌などにもよく出ているスタイリッシュなホテルになります。ワインで有名なリオハ地方にあり、ミシュラン一つ星のレストランや有名なワイナリーを有するということもあって、ゆったり2泊して、満喫しました。少しミーハーな感じもあるけれどとても素敵なホテルなので紹介させていただきます。

 

マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテル(Maruques de rascal hotel)とは

マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテルは、ビルバオ空港から車で1時間半のところにあるワイン産地リオハ地方のエルシエゴという街にあります。

goo.gl

このホテルは、建築好きならもちろん知っているアメリカ人建築家フランク・ゲイリー(Frank O. Gehry)デザインで、MarriottのLuxuaryコレクションホテルになります。最近、バスク特集の雑誌などでも取り上げられていたため、バスクに行きたいと思う人は知っている人も多いはず。

早朝にビルバオに着いてレンタカーをしてビルバオで少し寄り道をした後にエルシエゴへ向かいます。

スペインは少し広い道路であれば100キロ以上で運転して良いので、レンタカーを借りて車で動くのもお勧めです。ビルバオを出てしばらくするとワイナリーの風景がちらほら見えてきました。

f:id:fumisaya41:20190812231757j:plain

そして、遠目にギラギラした建物が見えてきました。運転している旦那さんが、「なんかギラギラしてるね。。。」と。。予約した私は「。。。」

f:id:fumisaya41:20190812232452j:plain

ピカピカしている建物が見えます

蔦が茂った雰囲気のある壁を曲がってホテルの門に。守衛さんに今日泊まるよと伝えると笑顔で宿泊者向けの駐車場の方向を案内してくれました。

f:id:fumisaya41:20190812232640j:plain

進んでいくと正面にフランク・ゲイリーデザインのかっこいい曲線の建物が現れ感動!そしてスタッフの方からも暖かく迎えていただきやっぱり来てよかったと思いました。

 

f:id:fumisaya41:20190812194328j:plain

この建物については、引用させていただきます。

赤ワインを思い起こさせるピンク色、ワイン・ボトルを覆うメッシュ(金属製のアミで、リオハ・ワインのボトルでしばしば見られる)を象徴する黄金色、ワイン・ボトルのキャプシュール(栓のまわりを覆うカバー)をイメージした銀色の3色で彩られている。

Miyoko Stevenson/ https://www.japanjournals.com/eat/wine/1730-rioja2.html

 

 ちなみに、エルシエゴは近くにかわいい街もあるけれど、2泊するほどそんなにやることもないので、ミシュラン一つ星のレストラン、ワイナリーツアー、SPA、ジャグジーなどホテルを満喫しました。

マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテル」のキュートなお部屋

まずは「マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテル」のお部屋を紹介。このホテルはスパウィングとゲーリーウィングの2つのウィングがあって、43室の客室があります。現在、増値工事中。それだけ人気があることですね。私たちのお部屋はスパウィングのデラックスルーム。

ちなみに、ベッドの横にクシャっとある白い物体はフランク・ゲイリーがこのホテルのためにデザインしたライトらしい。。

f:id:fumisaya41:20190818194011j:plain
f:id:fumisaya41:20190818194050j:plain

全体感を表現できる写真が撮れなくて反省ですが、広くて快適なお部屋で滞在中はとてもリラックスできました。

f:id:fumisaya41:20190818223125j:plain

バスルームも広くて快適でした!左側にシャワーがあります!

f:id:fumisaya41:20190819003449j:plain

 

マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテル」のワイナリーツアー

f:id:fumisaya41:20190819003731j:plain

マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテルはその名の通り1858年創立という歴史を持つリオハの有力ワイナリー(Bodega)のひとつです。ここのワインは現在でもスペイン王室ご用達のワインとしても有名だそうです。毎日、英語とスペイン語の1.5時間程度のツアーを開催しています。

事前に16:00の英語のツアーを予約していたため、チェックイン後ちょっと一息してツアーに参加。 

f:id:fumisaya41:20190819003810j:plain

このホテルの敷地内にブドウ畑が広がっていてお散歩もとても気持ちが良いです。

ガイドさんがこれまでの歴史、ワインを造る過程を説明してくれて貯蔵庫の大量の樽も見学することが出来ました。

とても楽しい時間になりましたが、実はガイドさんはスペイン語訛りの英語を話すため私はほぼ聞き取れず、旦那さんに通訳をしてもらいました。。。

f:id:fumisaya41:20190819004106j:plain
f:id:fumisaya41:20190819004058j:plain

また、創業当時から今日に至るまでの毎年のワインが揃っている場所も見せてもらえました。

f:id:fumisaya41:20190819004923j:plain

f:id:fumisaya41:20190819005000j:plain
f:id:fumisaya41:20190819005005j:plain
どっちかが、ボトルが古すぎて開かないから開けるための器具だそうです。

ちょっと記憶が曖昧ですが、創業当初からある古い建物も残っているそうです。

 

f:id:fumisaya41:20190819005249j:plain
f:id:fumisaya41:20190819005254j:plain

最後に2タイプのワインとサラミとチョリソーを頂いてツアー終了です。

まずは2018年の白。

f:id:fumisaya41:20190819004142j:plain

そして2015年の赤。

f:id:fumisaya41:20190819004128j:plain

おつまみは食べ放題です。

f:id:fumisaya41:20190819004133j:plain

参加者の中に、このワイナリーのワインしか飲まないと言っているアメリカ人がいました。それはそれで勿体ない気が。。。

スペインワインには全く詳しくない私たちですが、とても楽しむことが出来ました。滞在中にロゼを頂いて美味しかったので、お土産にはロゼを購入しました。

f:id:fumisaya41:20190819010206j:plain

ワインは全体的にリーズナブル。

その他の設備も充実

また、このホテルはフィットネス施設、スパ、屋内温水プールも完備しています。

旅行前にこの旅行中は絶対運動をしようと思ってスニーカーやトレーニングウェアを持ってきたのですが、残念ながら出る幕無し。。のため、フィットネスは見るだけで終了。

代わりに温水プールは満喫しました。

f:id:fumisaya41:20190819010338j:plain
f:id:fumisaya41:20190819010344j:plain

f:id:fumisaya41:20190819011119j:plain

この建物が多分温水プールだから中からはこの景色を見ていることになります。

そして、折角だからとスパもやったのですが、スリミング系のコースを選択したらものすごい力で身体中をねじられて死にそうになったのでここでは割愛します。。

ちなみに、マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテルの お食事については、別途書かせていただいてますので是非ご覧ください。

www.fumisaya.com

www.fumisaya.com

スタイリッシュでとても充実した時間を過ごすことが出来るマルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテル、とてもお勧めです。

f:id:fumisaya41:20190819010409j:plain